女性ホルモンは何でできているの?

  • 投稿日:2017年3月31日
  • (最終更新:2017年3月31日)

私がこの記事を書きました!

西 俊哉

にし鍼灸整骨院 院長 兼 2児の父

西 俊哉 (にし としや)

所持資格:柔道整復師・ はり師・きゅう師

毎日の忙しさの中で、自分の身体を大事にすることを忘れてしまっていませんか?
そんな方々のお悩みが解決し、笑顔で生活を送れるようサポートします!

こんにちは。

和歌山県橋本市で女性とこどもにやさしいにし鍼灸整骨院の西俊哉です。

 

女性ホルモンとは、卵の発育などを担う「エストロゲン」と子宮内膜を厚くし、着床しやすくさせる「プロゲステロン」があります。

 

妊娠を希望される女性にとってとても重要なホルモンになります!!

 

 

そして、この女性ホルモンは何からできているかというと、「コレステロール」からできているんです!!

 

 

コレステロールというと太るとか、油とか、身体に良く無いイメージがある方が多いのではないでしょうか?

 

でも実はそんなことないんです!!

 

実際にこうやって、大切なホルモンの材料となったり、細胞の一部を構成する材料やビタミンDの材料になったりと、身体の中でとても活躍してくれています!!だからちゃんと摂取することが大事です!!

 

コレステロールは敵ではないんですよ(*^^*)むしろ、妊活にとっては味方だと思います(*^▽^*)

 

特に最近では、ダイエットなどで食事を制限したりする方が増えてきているので、正しくバランスよく食事するようにしましょう(^O^)/

 

妊活や食事のことで、気になる方は一度ご相談下さいね(^^♪