子宮内膜症

  • 病院で子宮内膜症と診断された
  • 月経の回数を重ねるごとに痛みが増している
  • 月経血にレバー状の塊が出ることがある
  • 月経中は痛みが辛くて日常生活を送るのもままならない
  • 薬の量を少なくしたい
  • 痛みを少なくしたい
  • 妊娠を希望している

子宮内膜症とは

子宮は、月経周期に合わせて子宮の内側(内腔)にある子宮内膜を増殖させ、一定時期がきたら内膜が剥がれ月経血として排出することを繰り返しています。

子宮内膜が増殖し、受精・着床しなかった場合は、月経を起こします。

この月経時に増殖した子宮内膜を排出しきれいにするのが月経です。

 

本来なら、月経血として体外に排出されるはずの子宮内膜と同じ組織が、卵管、卵巣、骨盤腔内など、子宮内腔以外に発生するのが子宮内膜症です。

 

子宮外で発生した子宮内膜でも、子宮腔と同じように毎月の月経周期に合わせて増殖、出血を繰り返されます。

ここで起きた出血が、体外に排出されずに徐々に蓄積されます。

この血液が、周りの組織と癒着してしまったり、炎症を起してしまうことが病状を悪化させてしまう原因になるのです。

 

子宮内膜が子宮内腔以外で発生する原因は諸説あり、子宮内腔から子宮内膜が月経血とともに卵管に向けて逆流しているとされる説が有力ではありますが、はっきりとした原因はわかっていません。

 

卵巣内に発生し、出血が排出できずに貯留し、塊になったものをチョコレート嚢胞といい、卵管まで癒着や炎症が広がることがあり、不妊症の原因になることがあります。

 

子宮内膜症に対する鍼灸治療の考え方

子宮内膜症が発生する原因は現代医学でははっきりとはわかっていませんが、月経のある20~30代の女性に多く発症します。

妊娠を期に月経がなくなると、病巣部が小さくなり症状が改善すると言われています。

 

子宮内膜症に対する治療としては、病院では主にホルモン療法が行われます。

一時的に無月経の状態を作りだして、病巣部の勢いを抑えようという治療です。

 

症状は落ち着くのですが、薬の服用をやめると再発します。

また、妊娠を希望している方には不利になります。

 

鍼灸治療では、子宮内膜症を根本原因から捉えます。

子宮内膜症は「冷え」が根本原因になっていることが多いと考えています。

「冷え」というのは子宮(月経)に対する「血(けつ)」が大きく関係しています。

 

冷えがあると、血の滞りが起こりやすくなります。

一時的な冷えなら、人が本来もっている自然治癒力(免疫力)で改善できるのですが、慢性化してしまうと

免疫力が低下し、冷えによる血の滞りが流れなくなってしまいます。

 

この血の滞りが子宮内膜症という病巣を悪化させる原因になっていると考えています。

 

ストレスと冷え

また、近年ストレスを抱えていらっしゃる方も多くいらっしゃいます。

ストレスは身体の緊張を引き起こし、「冷え」の原因にもなります。

 

家事や育児などの生活環境や、食生活などの生活習慣も関係しています。

鍼灸治療をすることで、身体を緊張状態から解放してあげることも、症状改善に大きな影響を与えます。

 

身体の緊張をほぐし、冷えを改善し、血液の流れを良くすることで自然治癒力を高めること。

これが、子宮内膜症に対する鍼灸治療の考え方です。

医師推薦 女性の生涯を様々な角度から支える、産婦人科医も推薦

小阪産病院 産婦人科医 山下 衣里子先生

前の職場で、女性の生涯を様々な角度から支えようと鍼灸整体病院を提携して立ち上げたご縁で、西先生ご夫妻と出会いました。
にし鍼灸整骨院は日々の勉強や知識はもちろん、御夫婦二人ともに人格的にも、乳児期幼児期学童期、周産期、更年期関わらず女性の一生に関わるサポートをされていると自信をもって推薦できる施設です。

 

・思春期には生理にまつわるトラブルがある
・妊娠したら腰痛がある
・子育てしたら腱鞘炎がある
・更年期は年だから当たり前
と思ってませんか?
それらはすべて実は根幹は繋がっていて、いかに日常を見つめ直すかが関わっています。
にし鍼灸整骨院は各々の方の生活にそった、その方々 の根幹を共に考え見つめ直し、より健やかな女性の一生を応援できる施設であると思います。
日本全国を見ても女性の一生に対して正しい知識をもち、修練され、介入する。そういう施設は数少ないのが現状です。
和歌山初のそんな院にぜひ足をはこんでいただけたらなと思います。
人にはなかなか相談できない、でも女性であるがゆえの特有の悩みの霧がきっとはれる一歩になることと思います。

産婦人科病院や他の鍼灸整骨院での勉強会開催実績もあります

施術講師として、産婦人科医の先生や助産師、看護師の方々、他の鍼灸整骨院の先生方に知識、技術の講義、ご指導させていただいています!!

整骨院が増えている中で、講師として知識や技術のセミナーやご指導するということは、それだけ信頼でき、確かな知識、技術だといえます。

東洋医学的な診断

免疫力の話や、血滞り、冷えのお話をしてきたのですが、実際の治療では、身体のどこに冷えがあり、血の滞りがあるのかを判断する必要があります。

その判断方法として、東洋医学的な診察方法を用いています。

 

病院に行けば、聴診器やレントゲンで診察を受けるように、

当院では、脈の打ち方を診る「脈診」や、お腹の硬さや凹み方を診る「腹診」を用いて、身体の状態を診察しています。

心地よい鍼灸治療

鍼やお灸と聞くと、痛い(+o+)熱い(>_<)というイメージをお持ちになることもあるかと思います。

当院では、極力不快な鍼の痛みや、お灸の熱さを感じないように配慮して施術をしています。

使用する鍼の太さも髪の毛程で極細く、使い捨ての鍼を使用していますので衛生面でも安心していただけます。

お灸も直接皮膚の上で燃える熱いものではなく、火傷の心配の少ない安全性の高いお灸を使用しています。

 

治療中から、身体の血流が良くなったのが感じていただくことができ、ウトウトと眠られている方も多くいらっしゃいます。

 

鍼灸治療が初めてという方でも安心して下さい。

不安なことがありましたらカウンセリングにてお話下さいね。

つらい不調を改善に導く 当院の技術力は、他院の院長先生も推薦

施術・人柄ともに自信をもって推薦します

韓先生の写真

私はにし鍼灸整骨院を推薦します。

西先生はとても勉強熱心で、悩める人を助けたいという情熱を持っています。

疲れたときはよく施術を受けますが、身体を丁寧に見てくれ、私の身体に一番合った施術を行ってくれるので、高い効果が期待できます。

また、とても聞き上手で、悩みを親身になって聞いてくれます。

数多くある鍼灸整骨院の中で、施術・人柄ともに自信をもって推薦します。

ぜひ、皆様も西先生の施術を受けてみてください。

 

東心斎橋整骨院・鍼灸院 韓 朋広

安心のくつろぎ空間 完全個室、いや、これはもう「あなただけの鍼灸整骨院」

「初めて施術を受けるところだし、本当に自分に合ってるか不安…」と、まだご来院を迷われているあなたへ

「本当に効果を感じられるかな…」
「1回で終わりじゃなくて、ちゃんと続けて通えそうかな…」

初めての院に行くときは、どうしてもそんな不安を抱えてしまいますよね。

そんなあなたの不安を少しでも軽くし、痛み無く笑顔で過ごせる毎日への1歩を踏み出してもらうため、今回わたし達は特別な特典をご用意しました。

ホームページ限定特典

初回通常料金 8,000円
(初検料3,000円+施術料5,000円)

↓↓↓
3,000 初回料62%OFF

ご予約の際、「ホームページを見た」とお伝えください。

※2回目以降の料金は施術料5,000円のみとなります。

※何回か通院され痛みが無くなった後メンテナンスとして施術を受けられる方や、継続して週1回ペースでご来院いただける方には、さらに気軽に通院いただける3,500円のショートプランもご用意しております。