鍼灸はいつからはじめたらいいですか?

  • 投稿日:2016年8月10日
  • (最終更新:2016年8月10日)

私がこの記事を書きました!

西 俊哉

にし鍼灸整骨院 院長 兼 2児の父

西 俊哉 (にし としや)

所持資格:柔道整復師・ はり師・きゅう師

毎日の忙しさの中で、自分の身体を大事にすることを忘れてしまっていませんか?
そんな方々のお悩みが解決し、笑顔で生活を送れるようサポートします!

不妊治療をしているのですが、鍼灸はいつしたらいいですか?

妊活中の方によく聞かれます。

 

鍼灸治療は月経周期に合わせて施術します。

具体的には月経の前なのか後なのかによって、ツボを変えたり、刺激量を変えたりします。

月経前であれば、受精卵が着床しやすいように、月経後であれば質の良い卵子ができるようにということを考えて施術しています。

 

そのため、どのタイミングで鍼灸治療をはじめたらいいかと聞かれると

「いつからでもいいです。」

「その時、その時でできることがあります。」

とお答えします。

 

 

明日、体外受精なのですが鍼しても大丈夫ですか?

大丈夫です!

むしろ、したほうがいいです。

 

 

前日にした鍼灸治療の効果がどこまで効果があるのかは、はっきりとは言えませんが、

体調を整えることはできます。

 

そして、その後も施術を続けられることをおすすめさせていただいています。

 

 

実際に施術を受けられた方は「もっと早く来たら良かった。」

とおっしゃる方が多くいます。

 

鍼って本当に不妊治療に効果あるの?

鍼って痛くないの?

お灸って熱くないの?

って未知のことが多いですもんね。

 

ですが、みなさんリラックスして、おしゃべりしながら、中には眠りながら施術を受けていただいています。

 

妊活中で鍼灸を検討されているという方は少しでも早く、受診されることおすすめします。