負担がかかりにくい床での座り方

  • 投稿日:2017年4月11日
  • (最終更新:2017年4月14日)

私がこの記事を書きました!

西 俊哉

にし鍼灸整骨院 院長 兼 2児の父

西 俊哉 (にし としや)

所持資格:柔道整復師・ はり師・きゅう師

毎日の忙しさの中で、自分の身体を大事にすることを忘れてしまっていませんか?
そんな方々のお悩みが解決し、笑顔で生活を送れるようサポートします!

当院にご来院いただいている妊婦さんや産後のママさんから、

「床に座ることが多いのですが、どんな座り方がいいとかありますか?」

とよくご質問をいただきます。

 

 

私は床に座るときは、「あぐら」「正座」がいいと思います!!

 

横座りやアヒル座りなどは絶対にやめて下さい!骨盤をゆがませてしまいます!

 

またソファーに座るという方も多いと思いますが、以前も産後の症状コラムに書きましたが、ソファーもあまりオススメではありません。

詳しくはこちら→http://nishi-hari.com/post_symptoms/post_symptoms-1905/

 

 

あぐらや正座で座るときに注意することや、バスタオルや壁を使って座るとより、負担がかかりにくくなったり、同時にインナーの筋肉を意識することで痛みが出にくくなったりする方法もあるので、それは院でお伝えしますね(*^-^*)

 

気になる方は、是非ご相談下さいね!!(^O^)